パリワーホリで購入した年間パスポート

観光
観光ワーホリ

今回はワーホリなどで1年以上の滞在をされる方におすすめしたい年パスをまとめて紹介します!

Amis du Louvre

こちらはルーブル美術館の年パスです。大人は80€、26歳以下は15€(!)、29歳以下は35€で購入できます。なんと若者に優しい…ルーブルは1回入ると大人料金22€ですので4回行けば元が取れます。また、長い列に並ぶことなく、カードを見せればすぐに手荷物検査に行くことができます。

ただ元が取れる云々より、「ルーブルの近く来たからちょっと寄ってこ」とか「今日はサモトラケのニケだけじっくりみて帰ろ」とか、とっても贅沢にルーブルを楽しめるのがとてもいいと思います。

ネットで購入しました。画像を添付して申請するので、カード裏面には自分の顔がカラーで印刷されています。1週間で自宅に郵送するよ、ということでしたが、1週間以上かかってた気がする。購入の数日後から1年有効のカードになっています。

また、後述のAmis du Louvreのカードを提示することで割引が受けられる施設もあります。こちらのページで確認できます。

Carte Blanche

オルセーとオランジュリー美術館の年パスです。わたしが唯一フランスで得られた若者割がこのカルトブランシュ。基本料金は52€ですが、36歳以下は25€です。ありがたすぎる。そしてAmis du Louvreのカードを持っていればこれが更に42€、もしくは20€と割引料金になります。わたしはAmis du Louvreのカードが来てから作ったので、20€で買えました。安すぎ。オルセーの大人料金は16€だし、このカードでオランジュリーにも行けるので1回行くだけでも十分ぐらいの値段です。

ルーブルと同じく、列に並ばずに入れるのもありがたいです。またオルセーは年パスホルダーだけに9時から9時半開館しているので、人並みに揉まれず鑑賞ができるらしいです。まだ行ったことないけど。ガイドツアーなどももちろん割引料金で参加できます。

ルーブルのカードを提示して割引を受けるため、カードはオルセーに作りに行きました。「Carte Blanche」の列の入り口にいるスタッフさんに「カードを作りたくて来たんだけど」と伝えればその列に入れてもらえます。当日にカードはもらないので、2週間使えるよという紙チケットをもらえます。その後2週間以内にカードが届くはずなのですがわたしは一向に届かず…また改めてオルセーに行き、「カードが来てないんだけど」というのを外の列のスタッフに伝え、列に入れてもらって窓口で尋ねました。この時既に作ってから1か月。確認してもらったけど住所が間違っているわけでもなく、窓口のマダムが「こっちに戻ってきてないか見てみるね」と確認してくれました。マダムが席を外してまあまあ待ったので、「まーたどうせ同僚とぺちゃくちゃ喋ってるんじゃないの…」とか思っていたら、マダムが「戻ってきてなかったからカード発行したよ」と送られてくるはずだったカードを持ってきてくれました。「どうせおしゃべりしてるんでしょ」とか思ってゴメン!!と思いつつ、その場で発行できるならわざわざ郵送しなくてよくない…?とも思った。笑 とにかくかなり親切に対応してくれてびっくりでした。

こんな感じで、カードと下のシールをもらいました。自分で写真を切って枠内に置いて上から透明シールを貼ることで写真付きカードになるというわけです。

証明写真、いくつか持ってくればよかった~とちょっと後悔しました。証明写真て地味に高いですしね。ただここでわたしは大変賢い方法を自分で思いつきましたので共有です。Fnacという大型の本屋兼家電量販店がフランスにはありますが、そこに写真を印刷できる機械があります。店によってはfranprixとかスーパーでもあるようなのですが、fnacが一番探しやすいかなと思います。この機械ではポストカードサイズの写真が0,35€で印刷できます。日本のコンビニの写真プリントのよう!!ということで、わたしがしたのは、ペイントで大体10×15の大きさに「これぐらいじゃない?」というサイズで使用したい写真データの顔部分をいくつかのサイズに分けてコピーし、それをfnacの機械で印刷することで、写真プリントをしました。たった0,35€で写真プリントが印刷できますので大変便利です。ぜひに。

こんな感じで適当なサイズをいくつか印刷してちょうど合うのを切って貼りました

Passion monument

こちらはオンラインで買ったのでカードはないのですが、Le centre des monuments nationauxという文化省の運営する機関によるカードです。この機関が管轄しているフランス全国の観光施設に訪れる放題のカードで、45€です。例えばどこで使えるかと言うと、パリ市内で言えば

  • 凱旋門
  • サントシャペル
  • コンシェルジュリ
  • オテルドゥラマリンヌ
  • パンテオン
  • サンドゥニ大聖堂
  • ヴァンセンヌ城

更には

  • モンサンミッシェル
  • カルカッソンヌのお城

などパリ以外の場所でもたくさん使えます。詳しくはこちらから。

そもそもサントシャペルとコンシェルジュリが共通チケットでも20€、凱旋門が16€、オテルドゥラマリンヌが17€なのでこれで元が取れます。わたしはサントシャペルとコンシェルジュリに行った後にこれを知ってかなり残念だったのですが、それでも買って損はないかなと思って購入しました。パンテオンとか、わざわざ行かなくてもいいかなあ、という場所も、このパスがあればまあ実質タダだし行って見ようという気になれて良いなあと思います。パリにいるだけでなくいろんな場所に移る人にもおすすめな気がします。

ネットで購入し、PDFが送られてくるのでそれを各施設で見せるだけでOKです。

Carte Avantage Adulte (SNCF)

追記です。この年パスも買っていました。49€で1年有効のこのカードを購入しました。27から59歳向けのカードで、TGVなどの電車がこのカードを提示することで割引になるわけです。ただし往復のどちらかが土日や祝日を含んでいなければいけないという制約があります。厳しい制約ではないので、フランスをたくさん旅行しようとしている人、旅行する日程が土日を含めそうな人には良いと思います。また一緒に旅行する人ひとりにも割引が適用されたり、子供なら3人まで割引が適用されるので結構お得なのではないかなと思います。

Disneyland Pass

ディズニーの年パスについてはすでにこちらの記事でご紹介しておりましたので今回は割愛です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました